DSpace About DSpace Software
 

NAGOYA Repository >
H130 高等教育研究センター >
H130b 紀要 >
名古屋高等教育研究 (Nagoya Journal of Higher Education) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2237/11088

Title: アメリカ州立大学におけるインスティテューショナル・リサーチの機能に関する考察
Other Titles: The Functions of Institutional Research at State Universities in the US
Authors: 青山, 佳代
AOYAMA, Kayo
Issue Date: Mar-2006
Publisher: 名古屋大学高等教育研究センター
Citation: 名古屋高等教育研究. v.6, 2006, p.113-130
Abstract: 本稿の目的は、アメリカのほとんど大学に設置されている、大学調査室としての「インスティテューショナル・リサーチ」の機能を分析し、その意義を探ることである。分析対象として、アメリカ大学協会に加盟している州立大学(34大学)を取り上げた。分析のフレームワークとして、ヴォルクウェイン(1999)の研究成果であるインスティテューショナル・リサーチの機能に関する4つの視点(情報管理、政策分析、情報発信、ならびに研究活動)を参考にし、現在のインスティテューショナル・リサーチにおける機能をあらたに分析し直した。 その結果として、アメリカの州立大学に設置されているインスティテューショナル・リサーチは、かれの掲げた4項目にそった機能を有していることが析出された。けれども、すべての機能が以下の4項目にそったものとは限らないことも明らかになった。現在のアメリカ州立大学におけるインスティテューショナル・リサーチの機能は、ヴォルクウェインの視点以上に、いくつもの領域にまたがる、広汎で多様な機能を有していることが明らかとなった。 今後、自律的な大学運営を迫られていく日本の高等教育機関(とくに、国立大学法人)では、精度の高いデータを活用したうえでの計画策定、意思決定、政策形成、および評価活動がますます重要になってくることが(容易に)推測できる。データベースを構築し、情報管理の一元化を図ることも、自律的な大学運営を支援すると考えられる。 自律的な大学運営を行うためには、多様な機能をもち、それを有効に働かせ、大学全体で存在意義を把握できるような「インスティテューショナル・リサーチ」のような組織の構築が必要である。This paper examines the functions of institutional research at 34 state universities in the US, using the framework of Volkwein’s (1999) four viewpoints: management information, reporting, policy analysis, and research activity. The paper considers the relevance of Volkwein’s viewpoints in the context current functions of institutional research. The finding is that institutional research at the state universities in the US have functions as Volkwein exhibits. However, not all institutionalresearch performs all functions, as proposed by Volkwein. Institutional research at the state universities in the US have wider functions than Volkwein suggests. In the coming years, National University Corporations in Japan will have become manage self-governing institutions. They will have to plan, make decisions, analyze policies, and evaluate universities, using information and data. To manage self-governance, National University Corporations in Japan will need to give serious consideration and attention to Institutional Research in the future.
URI: http://hdl.handle.net/2237/11088
ISSN: 1348-2459
selfDOI: 10.18999/njhe.6.113
Appears in Collections:名古屋高等教育研究 (Nagoya Journal of Higher Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
6号 青山 p.113-130.pdf957.5 kBAdobe PDFView/Open

There was reading in 3 pieces of the previous month in this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback