DSpace About DSpace Software
 

NAGOYA Repository >
A100 文学部/人文学研究科・文学研究科・国際言語文化研究科 >
A100b 紀要 >
ことばの科学 (STUDIA LINGUISTICA) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2237/19115

Title: 呼称の容認性判断と情動知能(Emotional Intelligence: EI)の関係
Authors: 林, 炫情
玉岡, 賀津雄
Keywords: 呼称
容認性判断
情動知能(Emotional Intelligence: EI)
韓国人大学生
Issue Date: 5-Dec-2013
Publisher: 名古屋大学言語文化研究会
Citation: ことばの科学. v.26, 2013, p.25-38
Abstract: 本研究では、感情を扱う個人の能力を示す情動知能(Emotional Intelligence: EI)尺度を使用し、韓国人大学生の呼称使用の容認性判断の評定に対して、評定者の情動能力がどのように影響を及ぼすか、それぞれの関連性を検討した。その結果、雑談場面と授業中場面いずれも、親族名称使用については肯定的に、実名使用については否定的に判断していることが分かった。また、重回帰分析の結果、先輩に対する親族名称(垂直的呼称)使用の容認度に影響を及ぼす変数は、「自己の情動評価(SEA)」「他者の情動評価(OEA)」「情動の利用(UOE)」であることが示された。一方、先輩に対する実名使用(水平的呼称)の容認度に影響を及ぼす変数は、「情動の利用(UOE)」と「情動の整理(ROE)」が関係していることが明らかになった。
URI: http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/research.html
http://hdl.handle.net/2237/19115
ISSN: 1345-6156
selfDOI: 10.18999/stul.26.25
Appears in Collections:ことばの科学 (STUDIA LINGUISTICA)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1302.pdf676 kBAdobe PDFView/Open

There was reading in 3 pieces of the previous month in this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback